2018年5月23日

kaori shimomura

繊細だけど存在感のあるもの、背景にストーリーの感じられるもの、
エスプリのきいたもの…。遊び心のあるモチーフや、フランスヴィンテージの素材を多用し、
トレンドよりも自分の好みをちゃんと知っている個性をやさしさを持ち合わせた女性をイメージています。

素材と技法
フランスのオートクチュールでも用いられている、フランス刺繍の技法を取り入れています。他の刺繍との違いは、モチーフを立体に仕上げたり、動きを自由に出せること。これは、 kaori shimomura のコンセプトを表現していく上で大切な要素になっています。また 素材には、天然石やパールなどの素材や、なかなか今の素材では表現できない、年代が生み出す、色あせ感や質感をで表現したく、1920年代から1970年代のビーズやパーツ類をフランス等で買い集め多様してます。

profile  *****************
1999年より アクセサリーの製作を開始。
2000年~2003年の間、 2度渡仏。パリのフランス刺繍アーティストのアトリエにて技法を学ぶ。
2001年6月、 神戸にて初の展示会を行い、オリジナルのアクセサリー
「kaori shimomura accessories」を発表。
現在、 国内のアパレルブランド、セレクトショップにて商品を展開中。

[wc_posts pids=”” order=”DESC” orderby=”date” post_type=”post” taxonomy=”category” terms=”kaori-shimomura,” posts_per_page=”10″ ignore_sticky_posts=”0″ show_title=”1″ show_meta_all=”1″ show_meta_author=”0″ show_meta_date=”1″ show_meta_comments=”0″ show_thumbnail=”1″ show_content=”0″ show_paging=”0″ readmore=”” button_class=”button” size=”large” filtering=”1″ columns=”3″ gutter_space=”20″ heading_type=”span” layout=”masonry” template=”box” excerpt_length=”30″ date_format=”M j, Y”][/wc_posts]